【感想】ジャズ漫画「BLUE GIANT」がおもしろすぎる!マジでアニメ化あるんじゃね?

レビュー

Warning: Undefined array key "ad_id" in /home/yusuke0125/yusuke-santa-maruta.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/shortcodes.php on line 42

【感想】ジャズ漫画「BLUE GIANT」がおもしろすぎる!マジでアニメ化あるんじゃね?

こんにちは!ユースケサンタマルタです!今日は久々に面白い漫画に出会えたので、思わず記事にしてしまいました!タイトルにも書いたように「BLUE GIANT」というジャズを題材にした漫画です。

いつも行く美容院で置いてあって髪を切ってもらいながら読んでいたんですけど、あまりにも面白かったんで帰りに漫画喫茶へ行って全部読んじゃいました!

「BLUE GIANT」で1部が完結し、現在は「BLUE GIANT SUPREME」の2部が連載中です。
スポンサードリンク

「BLUE GIANT」のストーリー

仙台の高校生・宮本大が主人公。バスケ部に所属しながらも世界一のジャズプレーヤーになるという夢のため、楽譜も読めませんが毎日土手でテナーサックスの練習に明け暮れます。周囲からは冷やかされてばかりですが、音楽が分かる人たちは彼の持つサックスの才能に気が付き手を差し伸べます。

やがて、高校を卒業し本格的にプロのサックスプレーヤーになるために仙台を離れ東京に上京。色んな人たちに出会い、ときには衝突しながらも一歩一歩プロへの階段を主人公の宮本大が歩んでいく物語です。

じつは主人公の宮本大が将来スタープレーヤーになることは読めば分かるんですが、コミックに内で最初から描かれています。なのでストーリー的には大の回想というか追体験のような感じ物語が進行していきます。

ここがおもしろい!

音楽がわからなくても楽しむことができる音楽漫画

僕のように音楽とか全く分からなくっても楽しむことができる漫画です。音を絵で伝えているという表現があっているのでしょうか?全体として会話文よりは絵が多めで、特に演奏中の臨場感が伝わってくるような画力が凄いです!

なんかね読んでると聞こえてくる気がするんですよ!JAZZが!漫画から!

登場人物たちのプロフェッショナル意識が痺れる!

登場の多くは夢を追うプロのジャズプレーヤーです。みな高いプロフェッショナル意識をもっているため衝突が多く曲者が多いですが、互いに切磋琢磨し合いながら一つのバンドを作り上げていく様子がとても面白いです!

高みを目指すと誰もが必ずぶち当たる壁を乗り越えようと苦悩し、ジャズプレーヤーとして成長していく人間的な描写がとてもうまく描かれている作品だと思います。

まとめ

「BLUE GIANT」を読んで面白すぎたんで勢いで記事にしてみたものの、多分面白さは全然伝わっていないと思います。これはもう読んでもらうしかないですね(笑)

漫画大賞とか受賞している作品なので、マジで近いうちにアニメ化されてもおかしくない作品だと思いますよ!アニメ化される前にぜひ予習しておきましょう!