書評「ストレングス・ファインダー2.0」受けてみた!当たっていておもしろい!

書評

Warning: Undefined array key "ad_id" in /home/yusuke0125/yusuke-santa-maruta.com/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/shortcodes.php on line 42

書評「ストレングス・ファインダー2.0」受けてみた!当たっていておもしろい!

こんにちは!ユースケサンタマルタです!

タイトルにある通りですが「ストレングスファインダー2.0」をやってみました!
この本はイケダハヤさんとか色んなブロガーさんに紹介されていてずっと気になっていたので買って自分の強みを調べてみました。

やってみた感想としては、大方あたっているかな?って感じる部分が多く精度は高いと思いますね。

就活生の時にこの本に出会っていたら今とはちょっと違った仕事についていたかもしれません。

スポンサードリンク

今まで読んできた自己啓発系のビジネス書とはちがう

この本の面白いところは今までのビジネス書とは違い、短所を克服するよりも長所を伸ばすことに注力したほうが人は成長することが出来るというのが筆者の考えです。
つまり欠点の克服に力を注ぐのではなく、自分の強みを伸ばのに注力すべきだという点で多くのビジネス書とは異なっています。
(GRITとかいうちょっと流行ったビジネス本は諦めずに熱意を持って続けることが大切とかいう全くためにならない本だった)

自分の強みを生かした業務に取り組む方が意欲的に仕事に打ち込む傾向があり
生活に満足感を感じている人が多いということが分かっているそうです。

この本を使って分類された34の資質のうち、自分の中に眠るトップ5の資質を調べることができるので
自分の強みを知ってその延長線上の職につくことが幸せにつながるのではないでしょうか?

僕の資質はこの3つだった

・慎重さ「実行力」
・調和性「人間関係構築力」
・適応性「人間関係構築力」

5つだと長いしダレるから3つだけ紹介!
文字だけ見ると僕の特徴ってなんか地味じゃない??

別に人間関係構築力があると思わないんだけどな?

慎重さ

あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。すべてが秩序正しいように見えますが、表面下には数多くの危険が待ち かまえていることを感じ取っています。
あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。そうして、危険はひとつずつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。何かが上手くいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。

あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話しをせず、自分自身で考えることを好みます。誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。

人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、他の人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。しかし、あなたは違う方法をとります。あなたは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。(一部省略)

なげぇわ!

最後のほうの人生は地雷原を~とか計画を立てることを好む~とかのところはイマイチピンとこないけど、それ以外の部分は大体当たってると思います!

基本、僕は初対面の人にはあんまり自分のことを話さないし
自分を嫌いな人がいても別に全員に好かれないといけないわけじゃないから
仲良くなれないならそれでいいと思ってます。

調和性

あなたは同意点を求めます。衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。事実、調和はあなたの行動を左右する価値観の一つです。

人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか? あなたはそうなると信じています。そしてその信念によって生きています。

他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの 基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。(一部省略)

大方当たってる!

僕は人それぞれ違う意見をみんな持っているわけだから、統一することは不可能だと思っているので会議とかではよっぽどじゃない限りなるべく自分の意見は出さないですね。(どうせ下っ端の僕がなんか言ったところでどうにもならない)

そもそも他の人があーだこーだ言い合っている会議が嫌いなのと早く終わってほしいと思っているから
賛成が多いほうに大体乗っているという事なかれ主義者が僕です。

3.適応性

あなたにとって今この瞬間が最も重要です。あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。つまり、それぞれの時点で進む方 向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。これは計画がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。たとえ計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、あなたはその時々の状況に容易に対応することができるのです。

突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も 中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保つことができます。(一部省略)

これも当たってますね!

運命思考の人もいると聞きましたが、僕は今の積み重ねが将来を少しづつ変えていくと考えています。
たとえ将来の目標に届かなかったとしても、そこに向けて積み重ねてきた努力は以前よりもいい未来を創っていくと僕は思っています。

まとめ

5つも資質をまとめるとさすがに長いので3つだけまとめました。

性格診断とか僕はあんまり信じないんですが、この診断はそんな僕でも高い精度で当たっていると感じたので自分の強みを探したい人には是非おすすめです。

就活の自己PRとかこれを使ってみると自分の表面化しやすい資質を元に過去を振り返ればいいので、作りやすいんじゃないですかね?就職活動の時に自己PR作りに僕は悩んでいたので、その時に出会っていたかった本でした。

注意点としてはこの診断をやったからといって自分の適職が分かるわけではありません。
あくまで自分の強みを見つけるもので、どんな仕事にも自分の強みの活かし方はあるそうです。

ちなみに僕は自分一人で自由に仕事をすると効率よくできる可能性があり、
休みを取らずに時六時中働くようなやり方を嫌う傾向があるそうです。これも当たってる。

あと、もしも診断を受けるときは本にパスコードが付いていますが一度しか使えないので
中古の本ではなく必ず新品の本を買うようにしてくださいね!

本はこちら!