僕が証券会社を辞めて大学院留学しようと思った理由

留学

僕が証券会社を辞めて大学院留学しようと思った理由

こんにちは!ユースケサンタマルタです! 

 突然ですが僕は証券会社に今現在勤めているのですが退職して海外大学院への留学を考えているのですがどうしてそういう考えに至ったのかについて書いていきたいと思います。

 新卒で入社して4年間証券会社でリテール営業として働いてきました。

 証券会社でリテール営業として4年間働いたものの身についたスキルはほとんどなく、いくらでも代わりの効く人材がいるというのが現実です。

 そりゃあサラリーマンである以上、会社の歯車にすぎず代わりの効かない人材なんてほとんど世の中にはいないんでしょうけどももっと専門的な知識を持つ付加価値の高い人材でありたいと思います。

 元々、証券会社に入ったのも投資事業にかかわってみたかったので入社しましたが、そういった部門への移動は中々難しく英語が話せたりね転職で外部から採用したりというのが実情です。

 より専門的な知識を藻に着けたいと思ったのと、年齢的にも留学して転職するのは最後のチャレンジかなと思ったので海外留学をするという決断へ至りました。

肝心のIELTS勉強の現状は?

そして肝心のIELTSの勉強状況はというとDEVELOPでReadingとListeningを受講中です。まだまだ、十分なスコアとは言えませんが大体5.5~6.0くらいのスコアをこの二つに関しては取れるようになってきたというような状況です。

WritingとSpeakingの練習をして5月の試験を受験しようと考えていたのですが、コロナウィルスの影響で中止になってしまいました。

次の試験は受験したいと思うのでそれまでに勉強して対策を進めていきたいともいます。

出願校については留学カウンセルに相談中

そして大事な留学先については現在留学カウンセリラーへ相談中です。留学先としてはオーストラリアを検討しています。

理由としては教育水準が高く、国立大学が多いことから学費が欧米と比べると安いこと。またGMATスコアが無くても進学ができるということです。

IELTSに加えてGMATの試験まで勉強しなければならないとなれば、もう時間が足りないのです。

現在、今後の計画をカウンセラーに相談中なので進展があり次第ブログにアップしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です